HOME > 会計事務所のお客様 > 証ひょうリーダー

証ひょうリーダー

原始証憑から日付と金額を自動で読み取り仕訳データにセット!
顧問先より持ち込まれる原始証憑の入力処理を大幅に効率化します。

「証ひょうリーダー」は原始証憑から日付と金額を自動で読み取り、財務システムで入力する際に、仕訳データに日付と金額をセットします。また、AIを活用した入力支援機能と併せて、データ入力が一層スピーディに行え、会計事務所のデータ入力業務を革新します。

  • 原始証憑から日付と金額を自動で読み取りデータ化。会計事務所の入力業務を省力化!
  • 会計事務所に持ち込まれる大量の原始証憑も高性能スキャナーでスピーディに読み取り!
  • AIによる入力支援で、よりスピーディに仕訳データを入力!
  • 会計事務所での読み取りの他、顧問先訪問時にハンディスキャナーで読み取ったり、顧問先に読み取りを依頼したりと、それぞれの顧問先に適した運用スタイルに対応!

基本運用会計事務所に原始証憑が持ち込まれる場合/原始証憑を持ち帰る場合

会計事務所に原始証憑が持ち込まれる場合/原始証憑を持ち帰る場合

【1】原始証憑をスキャナーで読み取り

会計事務所に持ち込まれた原始証憑や、顧問先より受け取り持ち帰った原始証憑を、イメージスキャナーで読み取ります。

【2】日付と金額をデータ化

原始証憑をイメージデータ化した「eレシート」を生成。日付と金額を自動的に読み取り、データ化します。

【3】日付と金額を自動セット

データ化した日付と金額は、財務システムで仕訳データを入力する際に自動セットされますので、あとは科目などを入れるだけ。仕訳データの入力業務を大幅に省力化します。

【4】AIによる入力支援で一層スピーディ

■科目推測機能
レシート読み取りの際、以前読み取ったレシートとの同一性をシステムが自動解析。過去のパターンから科目を推測し、仕訳入力時に候補表示する先進のAI機能により、仕訳入力が一層スピーディに行えます。

■科目指定機能
レシート読み取りに際し、予め科目を指定しておくことで、仕訳入力時に科目が自動でセットされます。取引内容毎にレシートを分類しまとめて読み取る運用に、大幅な省力化を実現します。

【5】eレシートを表示して参照入力

eレシートは、財務システムで仕訳データを入力する際に「eレシート参照入力」機能により、画面に同時表示して参照しながら摘要などをスピーディに入力することができます。自動セットされた日付と金額は、eレシートにマーカーされて表示しますので、判読できなかったレシートと区分けができ、効率的に入力作業を進めることができます。

eレシートと仕訳データを関連付けて登録

「eレシート参照入力」機能により入力された仕訳データは、その元となるeレシートと自動的に関連付けて登録されます。監査などの際に原始証憑に遡って内容を確認したい場合も、素早く元となるeレシートを参照することができます。

事務所職員が顧問先訪問時にeレシート®化する運用

【1】顧問先訪問時にN O T Eやタブレットとハンディスキャナーを持参し、原始証憑を読み取りeレシート化して会計事務所に送信するか持ち帰ります。

【2】eレシートを「証ひょうリーダー」で呼び出し。日付と金額は、財務システムで仕訳データを入力する際に自動セットされます。

事務所職員が顧問先訪問時にeレシート化する運用

顧問先がeレシート®化して事務所に提出する運用

【1】会計事務所から顧問先に読み取りソフト「レシートスキャナー」を提供し、スキャナーで原始証憑を読み取りeレシート化する作業を依頼します。タブレットとWi-Fiハンディスキャナーでeレシート化することもできます。

【2】顧問先はeレシートをWeb POSTBOXに登録します。会計事務所はeレシートを「証ひょうリーダー」に呼び出し、日付と金額を読み取りデータ化。財務システムで仕訳データを入力する際に日付と金額が自動セットされます。

顧問先がeレシート化して事務所に提出する運用

イメージスキャナーの便利な活用

預金通帳・カード明細を読み取りデータ化

JDLのイメージスキャナーは、レシートや領収証に加え、銀行の預金通帳(コピー)やクレジットカードの明細書も読み取り、データへ変換。そのまま財務システムに取り込むことができ、入力業務の一層の省力化を図ることができます。

※ご利用には、所定のソフトウェアおよびスキャナーが必要となります。

※JDL IR60FBでは、預金通帳の原本を直接読み取ることができます。

書類を電子化して保管・活用

銀行や保険関係の書類を始め、定款や役員名簿など、会計事務所で控えを保管している顧問先書類を電子化(eエビデンス化)。書類保管の省スペース化が図れるだけでなく、仕訳データとの関連付けや条件検索が行えるなど、活用性も向上します。その他官報や新聞・雑誌の記事をイメージデータとして保管するなど、書類の整理にも活用いただけます。

※ご利用には、別途、「eエビデンス管理システム」が必要となります。

JDLイメージスキャナーラインナップ

様々な形状の原始証憑をフラットベッドで一度に読み取り「JDL IR60FB」

特殊形状の原始証憑や、すでに台紙に貼りつけてある原始証憑は、フラットベッドスキャナー「JDL IR60FB」で読み取ることでeレシート化することができます。フラットベッドでは複数の原始証憑を並べて一度に読み取ることができ、手動で簡単に一枚ずつ切り出してeレシート化することができます。また、付属のシートを使用すれば、原始証憑の領域を自動で一枚ずつ切り出してeレシート化することもできます。

JDL IR60FB

JDL IR60FB

大量の原始証憑もスピーディに読み取る
デスクトップスキャナー

JDL IR60FB

JDL IR60

コンパクトで持ち運びに便利な
ハンディスキャナー

WI-FIハンディスキャナー

JDL IR60

  • カタログ請求
  • デモンストレーション申込み
  • お問い合わせ