入力業務による多忙・人手不足

顧問先を包括したシステムで入力業務削減


課題減らないデータ入力業務による多忙、人手不足

  • 「顧問先が入力したデータの再入力が無駄だ」

    「通帳やクレジットカードの入力が負担になっている」

    「申告書類のチェックに時間がかかっている」

    「外出中は顧問先からの問い合わせに即応できない」

解決策顧問先を包括した実務効率化と入力業務の削減

記帳代行、記帳・自計化など顧問先に応じたソリューションと最新のJDL財務システムにより、会計事務所の入力業務を大幅に削減。顧問先が現在お使いのあらゆる会計ソフトのデータを簡単・安全に取込み、直ちに監査・帳表作成が行える他、事務所に持ち込まれる領収証など証憑の処理も、電子化とAI活用により省力化します。さらに、仕訳入力の専任者を在宅で活用するシステムもローコストに構築できます。

  • Entry Innovationで入力業務を削減

    会計事務所の入力業務の削減には、顧問先の記帳・自計化か欠かせません。Entry Innovationは、会計事務所と顧問先の個々の状況に応じて職域を明確化し、顧問先の実情に適した記帳・自計化を推進するとともに、在宅勤務者による在宅入力などと組み合わせて活用することで入力業務を劇的に削減します。

  • 先進の処理と使いやすさを追求した
    [JDL財務システム

    JDL財務システムは、JDLが長年培ってきた実務効率化のノウハウを凝縮。プロの実務を深く研究し、その実務思考・手順に沿って展開するJDL財務システムは、会計データの入力、チェック、帳表作成といった作業が流れるように行えます。

    ※ご利用の製品により、オプションとなる場合があります。

    仕訳入力をよりスピーディに実現!

    仕訳入力は、必要最小限の入力項目とテンキー中心の操作によりスピーディに実現。また、最も時間のかかる「摘要」の入力は、入力済みの仕訳をシステムが自動学習し、適切な摘要を推測表示する機能を開発。摘要入力のスピードが格段に上がります。


    ▲会計データ入力「摘要推測機能」

  • 他社システムを利用する顧問先の会計データを
    手間なく取込[会計データインポート]

    他社システムを利用する顧問先のデータは、システムから出力したCSVデータを会計事務所の財務システムに手間なく取り込むことができます。取込後、直ちに監査・財務帳表作成に取り掛かることができます。

    ※ご利用の製品により、対応が異なります。

  • 銀行明細・クレジットカード明細を
    取り込み、データ入力を省力化
    [銀行明細取込]

    金融機関のインターネットサービスを利用して、銀行明細やクレジットカード明細をCSVデータにてシステムに取り込むことができます。また、預金通帳のスキャナー読み取り・データ変換にも対応。データ入力を大幅に省力化することができます。


  • 記帳・自計化の推進

    これから記帳・自計化に取り組む顧問先には、経理レベルや自計化ニーズに合わせてJDLの記帳・自計化ツールを活用いただけます。会計事務所は、伝票発生から記帳、会計までの一連の処理を顧問先と連携して行え、顧問先はタイムリーに経営状況が把握でき、双方に大きなメリットをもたらします。

    詳細説明

  • 原始証憑ごと会計事務所に託す
    顧問先の処理を効率化
    [証ひょうリーダー]

    レシート・領収証などの原始証憑をスキャナーで読み取りイメージデータ化した「eレシート」の活用で、原始証憑ごと会計事務所に託す顧問先の処理を効率化できます。eレシート化の際、日付・金額を自動で読み取り仕訳データにセットする「証ひょうリーダー」により、データ入力を省力化。eレシート化を顧問先が行えば、会計事務所に証憑を持ち込まない画期的なスタイルが実現します。そして会計事務所は、画面上でeレシートを参照しながらスピーディに入力。さらに証憑の整理、台紙への貼り付けといった付帯業務も簡素化できます。

    詳細説明


  • 職員の在宅勤務に対応

    在宅勤務に活用することで、職員は特別な設備投資の負担なく在宅でデータ入力が行えます。職員は、自宅のPCから会計事務所のコンピューターを遠隔操作し、会計処理を始め様々な実務処理が行えます。また、職員のPCにはデータを取り込むことなく処理できるため、データ漏洩・消失のリスクもなく、事務所も職員も双方が安心して運用することができます。

    ※ご利用には、所定のWebサービスのご契約が必要となります。

     

    詳細説明

  • 場所を選ばず「どこでも会計事務所」

    NOTEやタブレットなどのモバイル機器を活用し、会計事務所のコンピューターを遠隔操作(リモートオペレーション)することで、場所を選ばず実務処理が行える「どこでも会計事務所」。顧問先を訪問した際、レシートの入力も不明点を顧問先に確認しながらその場で行え、財務帳表の作成・解説まで完結できますので、再訪問も不要。時間のロスがなく、生産性・効率性に優れた先進のスタイルを実現します。

    ※ご利用には、所定のWebサービスのご契約が必要となります。

*はオプションです。