入力から電子申告、資料提出までを「一筆書き」

チェック機能と統合メニュー、そしてシームレスなワークフローで劇的な効率化を実現

JDLの財務・税務システムを活用することで、会計事務所業務全体にわたるシステムワークフローを確立。
各作業毎に統一した操作性、関連ソフトの起動、そして関連データの自動連動など、会計事務所実務のすべてを手掛ける専業メーカーJDLならではのシームレスなシステム展開で、「一筆書き」のようにスムーズで快適な実務が行えます。

入力から電子申告までを一筆書き
  • 会計事務所の実務ノウハウを凝縮したJDL財務システム

    JDLがこれまで培ってきた実務効率化のノウハウを凝縮した財務システム。
    会計データの入力からチェック、帳表作成に至るまで、一連の処理が税理士の実務思考・手順に則してスムーズに行えます。

  • 50年の実績に裏打ちされたJDL税務システム

    全国の税理士ユーザーによって磨き抜かれたクオリティと使いやすさを備えるJDLの税務システム。
    長年実務を支えてきた実績と信頼性により、税制改正・制度改正にも安心して対応いただけます。

財務・税務の一体処理で業務効率を大幅にUP

  • 決算申告に関連する処理を統合

    「法人申告統合システム/統合メニュー」

    関連ソフト間のデータ参照やデータ連動をスムーズかつスピーディに実行。
    関連データの訂正もれを防ぐチェック機能も搭載し、煩雑なプロセスを要する決算・申告処理を効率化します。


    法人申告統合システムイメージ

    ▲法人申告統合システムイメージ

  • システム間のデータの整合性を自動チェック

    「法人申告チェックリスト」

    決算・申告処理において手間のかかる会計データと税務データの照合も、システムがアシスト。
    決算書・申告書の突き合わせ容易にする「法人申告チェックリスト」により、法人税申告書・減価償却・内訳書の・消費税申告書のデータと会計データを自動的に照合しますので、金額の不一致といったミスを簡単に確認することができます。

  • 電子申告の処理をさらに速く、スムーズに

    「JDL電子申告システム」特許取得

    税務・財務の各ソフトウェアから申告に関連するデータを自動収集し、電子申告データ(XML・XBRL形式)の作成、データ送信、受信通知の確認まで、一連の作業をトータルにサポート。
    複数の税目をまとめて処理できる上、複数納税者の一括電子署名・一括送信に対応し、煩雑な申告業務がスムーズにより短時間で行えます。

  • 決算書類の提出・保管をペーパーレス化

    「電子帳表ディスク」

    顧問先への決算書類(PDF)の提出は、インターネットを通じてペーパーレスで行えるほか、CDなどのメディアでもスマートに行えます。
    他にもeレシートと関連付けされた仕訳データや申告書類など、顧問先関係の書類をまとめてメディアに収録すれば、印刷の手間や費用がかからず、スマートな書類提出・保管が行えます。

ソフトを無駄なく共有利用できる

「フローティングライセンス」特許取得

ライセンスの数だけソフトを同時利用でき、1つのライセンスを複数のPCでご利用いただけます。 ある職員が担当する申告書の作成が終わったら、他の職員が別件の申告書を作成し、その後所長が申告書の内容を確認するといったことが、1ライセンスで各自のPCから行えますので、コストを抑えた運用が行えます。

フローティングライセンス