業務スタイル

伸びる会計事務所の「働き方改革」



課題外出・移動の時間のロス、多様な働き方への対応

  • 「外出・移動の時間が大きなロスとなっている」

    「職員の多様な働き方に応えられない」

解決策経営基盤強化・会計事務所の働き方改革

場所を選ばずいつでもどこでも実務が行える「どこでも会計事務所®」を実現。訪問中の顧問先でデータ入力を行ったり、外出先や移動中のちょっとした空き時間に事務所内の書類や資料を確認したり、自宅での資料作成や在宅勤務に活用したりするなど、どこにいても会計事務所のあらゆる実務を“その場で”行うことができます。

  • 外出・移動時間のロス/多様な働き方への対応外出先やご自宅で実務処理に対応

    外出先に携行したノートPCや自宅のパソコンから、インターネットを通じて会計事務所のJDLシステムにアクセス。JDLシステム内の仮想PCにインストールしてある業務ソフト遠隔利用することで、事務所に居るのと同じように実務処理が行えます。顧問先からの急な依頼にも、事務所におもむくことなく対応することができます。

  • 外出・移動時間のロス/多様な働き方への対応~訪問中の顧問先が会計事務所になる~
    データ入力や帳表作成をその場で実行

    訪問先からJDLシステムにアクセスし、仮想PCにインストールされた会計ソフトでデータをその場で入力。領収証などを持ち帰ることなく、不明点などはその場で顧問先に確認しながら対応できますので効率よく処理が行えます。さらに、財務帳表の作成などもその場で行うことで、経営状況の説明も直ちに行え、顧問先はリアルタイムに経営状況を把握することができるようになります。

  • 外出・移動時間のロス/多様な働き方への対応~訪問中の顧問先が会計事務所になる~
    顧問先からの様々な
    リクエストにも即対応

     

    例えば顧問先から売上や仕入、経費について昨年や一昨年との比較を知りたいといった要望があった際にも、JDLシステムにアクセスして資料を呼び出して提示することで、詳細な回答を即座に示すことができます。同様に相続や確定申告のシミュレーションなど、顧問先からの様々なリクエストにも即座に対応できるシステム環境を構築できますので、一度事務所に戻って出直すなどのロスを解消することができます。

  • 外出・移動時間のロス/多様な働き方への対応インターネットを通じたアクセスも安心
    「JDLデータセンター」
    「JDL独自開発ファイアウォール」

    特許取得

    JDLシステムへのアクセスに際しては、アクセスを行うパソコンが正しく権限を有しているかどうかをJDLのデータセンターでチェックを行います。権限のある端末は、JDLシステムに搭載のファイアウォール「J-WALL」によるさらなるチェックを経てデータアクセスを許可する仕組みになっていますので、不正なアクセスなどの心配なく、インターネットを通じたアクセスなどを行えます。

  • 外出・移動時間のロス/多様な働き方への対応どこでも会計事務所を実現する
    「仮想PC*」「リモートオペレーション」

    JDLシステムはパソコンがあたかもサーバー内に存在するかのように利用できる「仮想PC」の構築に対応。この仮想PCをJDL独自のネットワーク技術「リモートオペレーション」によりインターネットを通じて遠隔操作することで、遠隔操作を行うパソコンなどの機器から、仮想PCにインストールされた業務ソフトを利用して実務処理が行えます。

    ※リモートオペレーションのご利用には、「JDLリモートオペレーションサービス」「JDL DNSサービス」(または固定IP)のご契約が必要となります。

    どの仮想PCでも個人のデスクトップ環境が利用できる

    「移動プロファイル」

    複数台の仮想PCを運用している環境において、どの仮想PCを利用しても常に個人のデスクトップ環境が利用できる「移動プロファイル」に対応。作成したデータやショートカットアイコンなど、常に自分のデスクトップ環境で仮想PCが利用できます。

*はオプションです。