税務システムの利便性・コスト負担

フレキシブルでローコストなシステム運用



課題税務ソフトのコスト負担、会計・税務の非効率な運用

  • 「会計・税務ソフトのメーカーが違うため再入力が無駄」

    「税務申告ソフトの導入費用・コスト負担を減らしたい」

    「顧問先に分かりやすい資料を手間なく作成したい」

解決策 システム間のデータの連動性に優れたJDLのソフトウェアが
「フローティングライセンス」でさらにお得!

JDLの製品は、ソフトウェアのライセンスを使用するPCに移して利用できる「フローティングライセンス」により、利便性・経済性に優れた運用を実現。同時に処理する頻度が少ない税目のソフトや高額なソフトなどは、所員のPCすべてに揃えることなく、コストを抑えて柔軟に運用できます。そして、JDLソフトウェアならではの税務・財務一体となったスムーズな処理により、会計事務所の実務効率を大幅に向上します。

  • 税務システムの利便性・コスト負担非効率な処理を無くし
    利便性に優れた経済的な運用を実現

    JDLのシステムは、非効率な実務処理を無くすため、実務ベースとなる財務・税務の一連のシステムを一体に捉え、会計処理から決算処理、各種申告書作成、電子申告までをシームレスな処理を実現。会計事務所の個々の運用に合わせて、税務ソフトが選べますので、業務の効率化だけに留まらず、利便性の向上とローコストな運用を実現します。

    詳細説明

  • 税務システムの利便性・コスト負担関連する財務・税務システムとのデータ連動で
    業務効率を大幅にUP

    JDLの財務システムと税務ソフトウェアを組み合わせて活用することで、会計処理から決算処理、各種申告書作成、電子申告まで、シームレスな処理を実現。関連するシステムへのデータ連動も自動で行いますので、会計事務所の実務をトータルに効率化します。

    会計事務所の実務から運営まで。
    充実のラインナップ

    法人税から消費税、所得税、減価償却、電子申告などの税務ソフトウェアを始め、各種シミュレーションや給与計算、事務所管理ソフトウェアなども豊富にラインナップ。
  • 税務システムの利便性・コスト負担1本のソフトウェア(ライセンス)を
    複数のPCで利用
    「フローティングライセンス」

    JDLのシステムは、フローティングライセンス方式によりライセンスの数だけソフトを同時利用でき、重複しなければ1つのライセンスを複数のPCでご利用いただけます。ある担当者の申告書作成が終わったら、他の担当者が別件の申告書を作成し、その後所長が申告書の内容を確認するといったことが、1ライセンスでそれぞれのPCから行えますので、税務ソフトウェアを事務所全員で利用しながら、コストを抑えた運用が行えます。

  • 税務システムの利便性・コスト負担シンプル操作で相続診断をサポート
    「JDL相続税Judgment™*

    特許出願中

    相続診断をサポートするツール「JDL相続税Judgment」は、「相続人情報の入力」「財産の入力」「税額計算・出力」の3つのステップで相続税額を試算します。相続の初期段階で求められる税額の試算やシミュレーションを顧問先に分かりやすく説明できる試算報告書も簡単に作成できます。



    ▲試算報告書「財産種類内訳」

*はオプションです。