JDL ReNS Z2

JDL ReNS Z2

2台のμサーバーによる
リダンダント・ネットワークストレージ

JDL ReNS Z2


「Entry Innovation®「どこでも会計事務所®」を具現化する
革新のテクノロジーを搭載したネットワークサーバー!

JDL ReNS Z2は、マイクロサイズのサーバーJDL μSERVER ReNS Z22台とJDL WORK10 2台を基本構成とし、2台のサーバーを結び、冗長性と可用性に優れた信頼性の高いシステムを構築。データは2台のサーバーにミラーリングされ、万一1台のサーバーがダウンしてももう1台のサーバーがすぐに処理を引き継ぎ、システムを止めることなく運用できる信頼性と安全性の高いシステムです。

  • 仮想化技術によりサーバー内に
    「仮想クライアント」を構築

    仮想化技術を活用した「仮想クライアント」の構築に対応。あたかもワークステーションをそのままサーバー内に収めたようなイメージで運用でき、リモートオペレーションによりタブレットやスマートフォンなどのモバイル機器からインターネットを通じて遠隔操作するなど、先進の実務スタイルを実現します。

  • ニーズに応じた
    自在のシステム構築を実現

    LANワークステーションやプリンターなど、事務所の規模やニーズに応じてシステムを自在に拡張いただくことができます。JDLのコンピューターシステムだけでなくお手持ちのPCをLANワークステーションとして活用するなど、柔軟なシステム構築が行えます。

  • 万一のアクシデントにも速やかにシステムを復旧する
    「ネット・リカバリー・システム」

    万一のトラブルの際も速やかなシステム復旧を実現する「ネット・リカバリー・システム」を搭載。システムの基本情報やネットワーク接続に関する設定などの情報を専用の「プロファイルメモリ」にバックアップし、トラブル発生時には、このプロファイルメモリからシステムの基本情報を復元し、ソフトウェアやデータは「JDLソフトウェアダウンロードサービス」、「JDLネット会計ストレージサービス」といったWebサービスと連携して速やかに復旧させることができますので、システムダウンによる業務への 影響を最小限にとどめます。

  • フローティングライセンス方式

    フレキシブルなワークステーション運用を実現する
    「フローティングライセンス方式」

    JDL WORK 10 やJDL Benny A4、PC をLAN ワークステーションとした財務・税務などのJDL システムのご利用に「フローティングライセンス方式」を採用。JDL システムを利用できる権利(財務システム35 ライセンス)を、作業をするLAN ワークステーションにその都度移して利用することができます。

  • GroupDataBox

    管理体系に合わせたシステム運用を実現する
    「GroupDataBox®*

    特許取得

    「GroupDataBox」は、サーバー内のデータ領域をあたかも複数のハードディスクのように分割し、各領域をグループ別に管理することができます。複数の会計事務所が合同した税理士法人や担当業務ごとに管轄が分かれる管理形態においても、システムを共有しながら個別にデータ管理が行えます。

  • 利用頻度の低いソフトウェアを「共有利用」

    利用頻度の低いソフトウェアを
    「共有利用」

    仮想クライアントにインストールしたソフトウェアは、LAN接続されたすべてのワークステーションから利用することができますので、利用頻度がさほど高くないPCソフトウェアなどは、仮想クライアントにインストールして共有利用することで、運用コストを抑えて業務処理が行えます。

    ※仮想クライアントは、同時に複数のLANワークステーションから操作することはできません。

  • オリジナルサーバーボード

    JDL のテクノロジーを集積した独自開発
    「オリジナルサーバーボード」

    JDL ReNS Z2に搭載されたJDL独自開発の「オリジナルサーバーボード」は、仮想化機能の利用など、会計事務所実務に最適化された仕様により、多様な処理が集中する状況においても安定して優れたパフォーマンスを発揮。サーバーボードを始め主要機器を自社開発するJDLの高い技術力、その優れた開発力によって生み出された高品質のオリジナルハードウェアにより、システムが常に安定して稼働する高信頼のシステム環境を実現します。

  • J-WALL

    インターネット利用にセキュアな環境を構築する
    「J-WALL®

    JDL ReNS Z2には、インターネットの実務利用に不可欠なセキュリティ機能を集積し、極限まで小型化した独自開発のファイアウォール「J-WALL」を搭載。認証処理の強化などによるセキュリティ性能の向上を実現し、リモートオペレーションによる事務所内外からのアクセスを始め、電子申告、ネットブリーフィング、ソフトウェアのダウンロード、Webを通じた様々なシステム・サービスのご利用などに、信頼性・安全性に優れたセキュアな環境を構築します。

  • JDLリモートメンテナンス

    トラブルを事前に防止する
    「JDLリモートメンテナンス」

    インターネットを通じてサーバーの保守情報を定期的にJDLリモートメンテナンスセンターに自動送信することで、トラブルの兆候を速やかに見つけ、故障が生じる前に適切にメンテナンスを行うことができる「JDLリモートメンテナンス」に対応。トラブルが発生した際も、原因調査・解析が速やかに行え、業務への影響を最小限に抑えることができます。

ラインナップ

  • JDL ReNS Z2

    JDL ReNS Z2

    [拡大]


    製品構成
    ワークステーション接続台数 最大:3台
    仮想クライアント搭載台数 最大:2台


    JDL μSERVER ReNS Z2

    OS Linux®
    CPU Intel® Pentium® プロセッサー
    メモリー 4GB(最大8GB
    HDD 1TB


    JDL WORK 10

    OS Microsoft® Windows®10 Pro 64bit
    CPU Intel® Celeron® プロセッサー
    ディスプレイ 21.5インチワイド液晶 (フルHD)
    キーボード/マウス JDL財務キーボード/ JDLワイヤレスマウス
    メモリ 4GB (最大8GB
    SSD 240GB
    光学ドライブ DVDドライブ

    財務システム35 搭載

    JDLオリジナルマザーボード

    J-WALL

    UPS/JDLオリジナル電源ユニット

  • 主要機能

    • Client File Manager
    • グループナレッジベース
    • eエビデンス管理システム*
    • eレシート参照入力
    • 証ひょうスキャナー
    • 証ひょうリーダー*
    • eレシートBOX
    • 電子帳表管理システム
    • harmonyroom PWF2*
    • JDL ND ストレージ
    • JDLネットブリーフィングシステム
    • インターネット会計
    • リモートオペレーション
    • JDL Webオペレーションサポートシステム
    • Web POSTBOX
    • JDLリモートフォルダー
    • JDL IBEX 運用サポート
    • ウイルスチェックLinux®ファイルサーバー*
    • JDL IBEX BookKeeperマネージャー(無償配布権)

    ※ご利用には、別途、Webサービスのご契約が必要となります。
    *はオプションです。

主要仕様一覧はこちら


事務所の発展を支える優れた拡張性。

JDL ReNS Z2には、増設ワークステーションを設定。
ニーズに合わせて、デスクトップタイプとノートタイプが選択でき、システム拡張いただけます。

  • JDL WORK 10

    JDL WORK 10

    [拡大]

    「21.5インチワイド液晶」
    「JDLマルチウィンドウシステム®」搭載

    高速データアクセスで快適な処理
    「SSD(Solid State Drive)」

    会計処理に特化したアイソレーション型
    「JDL財務キーボード」

    節電と静穏なオフィス環境づくりに貢献する
    「アクティブ・クーリングシステム」

  • JDL NOTE 10

    JDL NOTE 10

    [拡大]

    実務性能とモビリティを両立した
    ノートタイプワークステーション

    「ACアダプター」
    「バッテリー」を内蔵

    高速データアクセスで快適な処理
    「SSD(Solid State Drive)」

    会計処理が快適に行える独立テンキー搭載
    「財務キーボード」

*はオプションです。
※画像、イラストについてはイメージです。