HOME > 法人・個人のお客様 > JDL IBEX(ソフトウェアラインナップ) > JDL IBEX Enterprise会計
 
PCでの運用

企業が、成長の歩みを続けていくためには、経営状況が多角的に検証でき、経営の次なる舵取りに活かすことができる会計システムが必要となります。
最新のRDBマネジメントシステムSQL Server® 2014 Expressに対応したJDL IBEX Enterprise会計は、基幹システムと連携し、様々な経営データを自在に組み合わせた資料作成を実現。高度な管理会計の実践をサポートし、企業を次なるステージへと導きます。
 

 主な特長

企業独自の経理処理スタイルに柔軟に対応
管理会計の実践や申告処理など、高度な経理実務をトータルにサポート
年次決算および中間・四半期・月次決算に対応
データをMicrosoft® Excel®などへ直接展開
財務帳表の電子化(PDF化)に対応
基幹システムと連携
支社・事業所を結ぶ会計システムを構築
責任者、担当者ごとの権限設定
管理責任者による承認処理に対応
インターネットを通じた監査・申告依頼
多彩な帳表・申告書類の作成に対応
医療法人でのご利用に向け、医療法人対応のシステムもご用意。
本製品には、Microsoft® SQL Server® 2014 Expressが含まれています。


 日々の経理処理から決算、申告までトータルにサポート

年次決算および中間・四半期・月次決算への対応を始め、部門管理や予算管理、資産管理、減価償却計算、キャッシュ・フロー計算、法人税や消費税の申告処理など、日々の経理処理から申告の処理まで、発展する企業の経理ニーズに幅広く対応します。
申告関連ソフトウェアは、オプションとなります。


 データ・帳表の自在な活用を実現

JDL IBEX Enterprise会計で作成したデータは、Microsoft® Excel® などのソフトウェアへ直接展開することができます。そのため、会計データの実数値を基にしたオリジナルの資料・帳表などが簡単に作成できますので、データの活用性が飛躍的に向上します。
 
作成した財務帳表は、紙への出力に加え、すべて電子化(PDF化) に対応していますので、経営者への資料提出がシステムを通じてペーパーレスに行えると共に、JDL IBEX Enterprise会計を持たない事業所へも、電子メールなどを利用して手軽に経営資料が送付できます。 また、資料を電子的に保管することにより、ペーパーレスの資料保管を実現します。
JDL IBEX Enterprise会計運用イメージ


 企業独自のスタイルに合わせたシステム構築・運用を実現

Microsoft® SQL Server® 2014 Expressによるオープンなデータ管理に対応したJDL IBEX Enterprise会計は、企業の基幹システムとフレキシブルにデータの受け渡しが行えますので、基幹システムに管理される販売データや給与データなどと会計データを組み合わせたオリジナル資料が自在に作成でき、経営者の求める多種多様な経営資料がスムーズに作成いただけます。

JDL IBEX Enterprise会計は、各支社・事業所を、ネットワークで結び、連携した経理処理をタイムリーに行うことができますので、全社の財務状況の把握もスムーズに行えます。
顧問会計事務所がデータ送受信に対応している必要があります。また、会計事務所によるサポート内容につきましては、顧問会計事務所に直接ご確認ください。

JDL IBEX Enterprise会計運用イメージ

JDL IBEX Enterprise会計運用イメージ


 顧問会計事務所との連携処理に対応

JDL IBEX Enterprise会計は、インターネットを通じた会計事務所とのデータの受け渡しに対応していますので、監査や申告書の作成を顧問会計事務所に依頼している場合も、会計事務所と連携して処理を行うことができます。会計事務所では、企業から送信されたデータを活用して監査・申告書の作成が行えるため、処理を効率よく進めることができ、監査結果のフィードバックや財務状況に基づいた経営指導などが、よりスピーディに受けられるようになります。
顧問会計事務所がデータ送受信に対応している必要があります。また、会計事務所によるサポート内容につきましては、顧問会計事務所に直接ご確認ください。

JDL IBEX Enterprise会計運用イメージ

[このページのTOPへ]

 システムの仕様

JDL IBEX Enterprise会計 JDL IBEX Enterprise会計

■動作環境
対応OS 日本語Microsoft® Windows® 10 Pro 64bit版
日本語Microsoft® Windows® 8.1 Pro 64bit版
Windows® 8.1 Pro(32bit)には対応しておりません。
Windows® RT8.1、Windows® RTには対応しておりません。
対象機種 上記OSが動作するコンピューター
[Intel® Pentium® 2GHz以上または同等の互換プロセッサ搭載機]
メモリ 2GB以上
日本語入力システム

Microsoft® IME、ATOK®2015/2014/2013

ディスプレイ 解像度1,024×768ドット(XGA)以上、表示色65,000色(16bit)以上
CD-ROMドライブ 自機に必須(ネットワークでのインストールはできません)
HDドライブ 【プログラム領域】空き容量700MB以上
【データ領域】プログラム領域と別に2GB以上
キーボード 日本語109互換キーボード(テンキー付を推奨)
マウス 2ボタン/ホイールマウス対応
プリンター 最大用紙サイズA3以上のプリンター
(用紙余白サイズの上限値が下部5mm以下)
動作環境は、JDL IBEX Enterprise会計が動作するために最低限必要とされる目安です。お使いのコンピューターやシステムの環境およびご利用方法により、記載以外の条件が必要となる場合がありますので、予めご了承ください。
データはご利用のPCに保存されます。

登録商標・商標につきましては、こちらの「商標について」をご覧ください。

[このページのTOPへ]