HOME > 法人・個人のお客様 > JDL IBEX(ソフトウェアラインナップ) > JDL IBEX会計 > データ入力
 
JDL IBEX会計 データ入力


高度な経理処理をスムーズに実現し
経理実務をトータルに効率化

実務本位の効率的なデータ入力

実務思考・手順に則したシステム展開

JDL IBEX会計は、データの入力、チェック、そして帳表作成まで、データ入力画面をキーステーションにしてシームレスにシステムが展開。オペレータの実務思考・手順に則して、一連の処理を手際よく進めることができます。

オペレータに合わせて選べる入力形式

JDL IBEX会計は、テンキーを中心とした操作で、スピーディに仕訳入力が行える「仕訳形式入力」を始め、出納帳イメージそのままの入力画面に直感的にデータ入力が行える「出納帳形式入力」、経理伝票を起票するような手書き感覚で入力できる「振替伝票形式入力」の3種類の入力形式に対応。
仕訳や科目のルールに精通していない方から会計業務を熟知した方まで、どなたにも、それぞれ最適な入力形式でデータ入力が行えます。

あらゆる消費税処理法に対応

JDL IBEX会計は、一般(原則)・簡易課税の選択はもちろん、簡易課税における事業区分の集計、税込・税抜・混在の各経理処理方法など、あらゆる消費税処理にきめ細かく対応しており、煩雑な消費税管理も効率よく行えます。

事業年度途中からの導入もスムーズ

JDL IBEX会計は、各科目の前月残高を入力するだけで、すぐにデータ入力に取りかかることができますので、事業年度の途中からでもスムーズにご導入いただけます。
また、前4期分までの残高を登録しておくことができますので、過去の実績値との比較資料も簡単に作成することができます。

仕訳形式入力画面
▲仕訳形式入力画面

01 多彩なガイダンス表示
  入力項目に応じて、科目や課税区分などの入力ガイダンスを自動表示。ガイダンス内容を選択するだけで、スピーディにデータ入力が行えます。
01 自動摘要・固定摘要
  入力した科目に応じて適切な摘要語句を自動表示する「自動摘要」、科目に関係なく取引の記帳に共通利用できる「固定摘要」により、面倒な摘要入力も、選択肢を選ぶだけで効率よく行うことができます。
また、商品の名称など、企業独自の摘要もデータ入力時に随時登録することができます。摘要欄は全角32文字(半角64文字)のスペースを確保していますので、取引を詳細に記帳することができます。
01 科目未決定勘定
  使用する科目の判断に迷った場合には、一時的に「科目未決定勘定」として仮入力しておき、後で適切な科目に振り替えることができます。
また、科目未決定のままとなっているデータは、科目未決定勘定データチェック機能によりチェックできるほか、入力処理の終了時にもチェック機能が働き注意を促しますので、振り替え漏れを防ぎます。
01 消費税区分自動入力
  科目・補助・摘要の3段階に、消費税の課税区分と税率区分を設定しておくことができ、データ入力の際には科目や摘要に応じて自動入力されますので、仕訳ごとの課税判断を省略することができます。


科目固定
同じ科目が連続する取引の入力は、借方または貸方、あるいはその両方の科目を固定し、自動入力することができます。

定型仕訳
家賃やリース料など、毎月発生する取引を「定型仕訳」として登録することで、一括して入力することができます。

月次・年次切り替え
入力モードを、「月次」または「年次」に自在に切り替えることができます。

月次・年次切り替え
▲月次・年次切り替え


最新の会計基準・規則に対応
「中小企業の会計に関する指針」および「中小企業の会計に関する基本要領」に対応。また、税効果会計・時価会計などの会計基準、会社法計算規則、電子帳簿保存法に準拠していますので、最新の会計基準、指針に基づいて経理処理が行えます。

*はオプションです。


本製品に関するお問い合わせは、JDL IBEXプラザまでお願いいたします。

JDL IBEXプラザ

受付時間:月~金 9:00~12:00 13:00~17:00
TEL:03-5606-7121 FAX:03-5606-3414
E-Mail:jdlibex-plaza@jdl.co.jp

リンク 製品TOP
リンク ページTOP
データチェック リンク

-この製品を購入する-  -この製品のカタログを見る-

本製品は、一部のJDL製コンピューターおよび、JDL製ソフトウェア「JDL IBEX/AH」「JDL IBEX財務」関連製品がインストールされたPCではご利用いただけません。
登録商標・商標につきましては、こちらの「商標について」をご覧ください。