サポート&サービス > アップデート情報 > 「JDL IBEX出納帳」修正版ソフトウェアのご提供について(2017/06)

 
  アップデート情報

「JDL IBEX出納帳」修正版ソフトウェアのご提供について

■対象のお客様
「JDL IBEX出納帳」Ver.20.0をご利用のお客様
バージョンは、JDL IBEX出納帳のメニューから「サポート」−「バージョン情報」で、ご確認頂けます。

■不具合の内容と発生条件
【内容】
  総勘定元帳、補助元帳で「税込表示」にすると、一括税抜振替仕訳(税区99仕訳)が期間内取引として集計され、合計額が税抜き金額で表示(印刷)されてしまう。
また、一括税抜振替仕訳(税区99仕訳)の税区欄が本来税区「99」と表示(印字)されるところが空欄で表示(印字)されてしまう。

【発生条件】
  以下の条件を満たしている場合に発生します。
(1) 出納帳ファイルの設定が「経理処理:税抜(一括振替)」である
「経理処理:税抜(一括振替)」は、会計事務所または本店等から導入または、運用設定変更した出納帳ファイルのみ設定できます。
(2) 課税対象科目で集計期間内に一括税抜振替仕訳(税区99仕訳)が含まれる
一括税抜振替仕訳(税区99仕訳)は、会計事務所または本店等の会計ファイルから仕訳を取り込んだ場合のみ出納帳ファイルに登録されます。
(3) 総勘定元帳、補助元帳を「税込表示」で集計している
一括税抜振替仕訳(税区99仕訳)の税区欄が空欄で表示される現象については、「税抜振替」で集計している場合も空欄となります。

■対処方法
  修正版ソフトウェアを適用後に、再度、総勘定元帳、補助元帳の表示(印刷)を行ってください。

■修正版ソフトウェア
  2017年6月20日(火)より、修正版ソフトウェアのご提供を開始しました。

■ダウンロード・インストール方法
1 ウイルス対策ソフトが動作していると、インストールの途中でエラー終了する場合がありますので、ウイルス対策ソフトを停止してください。
インストールする際には、管理者権限が必要です。管理者権限のあるユーザーでログオンし、ダウンロードすることをお勧めいたします。
2 [ダウンロード]ボタンをクリックし、確認画面が表示されましたら「実行」ボタンをクリックします。
3 インストール画面が表示されます。
Internet Explorer®のSmartScreenフィルター機能が有効の場合、警告画面が表示される場合があります。
4 [インストール開始]ボタンをクリックするとインストールが開始されます。
5 インストール終了後に、「インストールが正常に終了しました」のメッセージが表示されますので[OK]ボタンをクリックして終了します。

「JDL IBEX出納帳」修正版ソフトウェア
ファイル名 IBEXSuitoPatch_1_0.exe ダウンロード
ファイルサイズ 3.4 MB



アップデート情報へ戻る