サポート&サービス > リニューアル情報 > 「JDL IBEX会計」のバージョンアップ版のお申込みについて(2017/06)

 
  リニューアル情報

「JDL IBEX会計(Ver.18.0)」のバージョンアップ版のお申込みについて

平素は、弊社製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。
この度、顧問会計事務所と簡単かつ安全にデータ連携が行える「Web POSTBOX」等に対応した「JDL IBEX会計(Ver.18.0)」のバージョンアップを実施いたします。
この機会に是非バージョンアップをお申込みくださいますようご案内申し上げます。

■対応OS一覧
日本語Microsoft® Windows® 10 (Windows 10 Home /Windows 10 Pro)
日本語Microsoft® Windows® 8.1 (Windows 8.1/Windows 8.1 Pro)
日本語Microsoft® Windows® 7 32bit/64bit(Ultimate/Professional/Home Premium)
* Windows® RT8.1、Windows® RTには対応しておりません。
* Mac OS / Mac OS X、Apple社製PCで動作するWindows 10、Windows 8.1、Windows 7 には対応しておりません。

■バージョンアップの内容について
1. Windows® 10に対応
  Microsoft社の最新OS Windows® 10に対応しました。
2. 消費税法の改正(リバースチャージ方式)に対応
  平成27年4月に消費税法の一部が改正され、国外事業者が行う事業者向けの電気通信役務の取引に係る消費税の納税義務を、サービスを受ける国内事業者に転換する「リバースチャージ方式」が導入されます。リバースチャージ方式に係る取引は「特定課税仕入」となり、平成27年10月1日以後の課税資産の譲渡等及び課税仕入から適用されます。
※次のサービスが対象となります。
  インターネットを介した電子書籍・電子新聞・音楽・映像・ソフトウェア・広告の配信
  インターネットを介したショッピングサイト・オークションサイト・宿泊予約サイト・飲食予約サイト・英会話教室
  顧客にクラウド上のソフトウェアやデータベースを利用させるサービス
  顧客に電子データを保存する場所を提供するサービス
  [1]課区コードの追加
  リバースチャージ方式に係る取引(特定課税仕入)のための課区を新たに追加し、その入力や表示・印刷に対応しました。
  [2]消費税エラーデータチェックの追加
  消費税エラーデータチェックで、リバースチャージ方式に対応するエラーチェックを追加しました。
3. 個別注記表の変更に対応
  平成25年度版「中小企業の会計に関する指針」において、「前期末株式数」が「当期首株式数」とされたことに伴い、個別注記表のサンプルを変更しました。
4. 会計(伝票)データ入力の改良
  [1]仕訳の挿入に対応
  操作メニューに[仕訳データの挿入]ボタンを追加し、カーソルのある仕訳の直前に仕訳を挿入できるようにしました。2件目以降の仕訳を連続して挿入できます。また、定型仕訳登録でも同様の操作で仕訳を挿入できるようにしました。
仕訳の挿入は、キー操作(JDL キーボード「Shift+追加」、PC キーボード「Ctrl+Shift+F9」)でも行えます。
  [2]元帳表示画面での仕訳追加に対応
  元帳表示画面のままで仕訳を追加できるようにしました※。売掛金の元帳を確認しながら振込手数料等の仕訳を追加するなど、売掛金の消し込み処理等がスムーズに行えます。
元帳表示画面で仕訳追加時に表示する画面は、環境設定の「コンピューターの設定」で行います。
  [3]課税から非課税に修正した仕訳の税込金額表示(自動計算)に対応
  仕訳表示画面や元帳表示画面で以下の条件に該当する親仕訳の課税課区を非課税(または課税対象外)に修正した場合、消費税仕訳の削除に加え、親仕訳金額を消費税仕訳の金額を加算した「税込金額」に自動計算するようにしました。
<条件>
消費税の経理処理が「税抜処理」または「混在処理」環境設定が税抜
混在会計ファイルの時に消費税仕訳と親仕訳を「連動処理する」
税込伝票
  [4]残高入力の機能アップ
  残高入力において、次の機能アップを行いました。
<機能アップ内容>
画面サイズを変更できるようにしました。
タイトルバーの最大化ボタンに対応しました。
年間表示で検索機能、0円科目の表示/非表示、横スクロールで表示月の変更の機能に対応しました。
設立月以前に残高が登録されている場合、設立月以前の月と金額をグレー表示し、金額を訂正できるようにしました。
  [5]期中設立の開始残高バランスエラーチェックに対応
  期中設立で、仕訳の「入力開始月」が期首月以外の場合も、データ入力終了時に開始残高のバランスエラーをチェックするようにしました。
5. 決算書の改良
  決算報告書の指示画面に[編集]ボタンを追加し、株主資本等変動計算書をダイレクトに編集できるようにしました。
6. 「Web POSTBOX」に対応
  顧問会計事務所とのデータの受け渡しが、インターネット会計のメール添付の方法に比べて、安全でスムーズに行えます。
Web POSTBOXのご利用は、顧問会計事務所が所定のJDLシステムを導入している必要があります。


   バージョンアップ版ご提供の対象となるお客様

「JDL IBEX会計」バージョンアップ版の提供は、「JDL IBEX会計(Ver.12.0〜Ver.15.0)」をご利用でユーザー登録がお済みのお客様が対象となります。

ユーザー登録がまだお済みでない方は、こちらのユーザー登録ページより手続きを行ってください。
⇒ユーザー登録ページ

また「JDL IBEX会計」の旧製品をご登録のお客様は、「JDL IBEX会計」への特別買替が必要となります。
⇒JDL IBEX会計への特別買替

「JDL IBEX会計(Ver.16.0 〜 17.0))」をご利用のお客様へ
  「JDL IBEX会計(Ver.16.0 〜 17.0)」をご利用のお客様は、「JDL IBEX会計(Ver.18.0)」のバージョンアップ版をお申込みいただく必要はございません。
  「JDL IBEX会計(Ver.16.0)」に、アップデート版プログラムをダウンロード・インストールいただくことで「Web POSTBOX」の機能が追加され、「JDL IBEX会計(Ver.18.0)」と同等の機能がご利用いただけます。


   バージョンアップ版お申込みのお客様

■お申込みについて
「JDL IBEX会計(Ver.16.0)未満」をご利用のお客様は、以下の「お申込みボタン」よりお申込みください。 代金引換で製品を発送させていただきます。

■価格
製品名 バージョンアップ価格
JDL IBEX会計(Ver.18.0) 5,400円(税込) JDL IBEX会計バージョンアップ申込み
+送料(地区別)
+324円(代引手数料)

■送料と代引き手数料について
【送料】
地区 料金 都道府県
北海道地区 1,134円 北海道
北東北地区 799円 青森・秋田・岩手
南東北地区 799円 宮城・山形・福島
関東地区 799円 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・東京
甲信越地区 799円 新潟・長野・山梨
北陸地区 907円 富山・石川・福井
中部地区 907円 静岡・愛知・三重・岐阜
関西地区 1,026円 大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山・兵庫
中国地区 1,252円 岡山・広島・山口・鳥取・島根
四国地区 1,360円 香川・徳島・愛媛・高知
九州地区 1,479円 福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島
沖縄地区 1,587円 沖縄

【料金合計額早見表】5,400円 + 代引手数料 324円 + 送料(地区別)となります。
北海道地区 6,858円
東北・関東・甲信越地区 6,523円
中部・北陸地区 6,631円
関西地区 6,750円
中国地区 6,976円
四国地区 7,084円
九州地区 7,203円
沖縄地区 7,311円
※金額は税込み表示です。

■出荷開始日
平成29年6月1日(木)



「JDL IBEX会計(Ver.13.0〜16.0)」をご利用のお客様は、「Web POSTBOX」の機能追加に限り、以下のURLにてアップデート版をご提供しております。

▼アップデート情報
「JDL IBEX会計」「JDL IBEX伝票会計」「JDL IBEX出納帳」「JDL IBEX原価管理・工事台帳」「JDL IBEX給与II」のアップデート版プログラムのご提供について


   お支払い方法

代金はバージョンアップ製品と代金引換にてお支払いいただきます。
「代引手数料・送料」はお客様負担とさせていただきます。


   バージョンアップ版お申込みに関するお問い合わせ

「JDL IBEX会計」のバージョンアップ版のお申込みに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

株式会社日本デジタル研究所
JDL IBEXプラザ

TEL:03-5606-7121
FAX:03-5606-3414

受付時間
月〜金曜日9:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝日および弊社休業日を除きます。)

今後ともJDLならびにJDL製品をご愛顧くださいますよう、お願い申し上げます。


リニューアル情報へ戻る