HOME > JDL Webサービス > JDLオンデマンドソフトウェアサービス > ご利用料金

JDL オンデマンドソフトウェアサービス


サーバーメンテナンス情報


ご利用料金

ソフトウェアの月額利用料金について
月額利用料金は各ソフトウェアごとに異なり、法人税申告書システムであれば380円となります。
月額利用料金はソフトウェアに対する料金ではなく、ご利用件数単位の料金となります。
各ソフトウェアの月額利用料金は、担当支店・営業所にお問い合わせください。

ご利用件数について
ご利用件数は、顧客データ単位でカウントしますので、同一顧客のデータが複数年ある場合は、まとめて1件として扱います。
 
法人税申告書:A社(平成20年) ご利用件数1件として扱います。
法人税申告書:A社(平成19年)
法人税申告書:A社(平成18年)
ご利用件数は、ソフトウェア毎にカウントします。同じ顧問先であっても、ソフトウェアが異なればそれぞれ1件として扱います。
 
法人税申告書:A社(平成20年) 3つのソフトウェアについて、
それぞれご利用件数1件として扱います。
減価償却:A社(平成20年)
消費税トータル:A社(平成20年)
1年間の契約期間が経過し、利用を停止した顧問先ついては、ご利用件数にカウントしません。

契約期間について
ソフトウエアの利用申請後に、顧客データの処理を開始した日から1年間が契約期間になります。
1年間の契約期間が終了すると、一旦課金を停止します。
処理を再開すると、自動的に契約が更新され、その日から1年間が契約期間になります。
契約期間の詳細につきましては、こちらの「契約期間に関する詳細説明」をご覧ください。
法人申告統合システム、電子帳表ディスク作成、インデックス作成の契約更新は、他のソフトウェアと異なります。詳しくは、こちらの「利用規約」をご覧ください。

ご利用料金について
ご利用料金は、月末時点において契約期間内のご利用件数にソフトウェアごとの月額利用料金を乗じて計算します。
月の途中から利用を開始したソフトウェアは、その月のご利用件数にカウントされます。
月の途中で契約期間が終了する場合は、その月のご利用件数にはカウントされません。
なお、ご利用料金は、こちらの「JDL user's room」でご確認いただけます。

有償ソフト固定料金プランについて
主要な17種類のソフトウェアの最新バージョンを、処理件数、処理回数に関係なく 月々わずか2万円で利用できるお得なご利用プランです。
>>詳しくはこちらの「有償ソフト固定料金プランのご案内」をご覧ください。

割引制度について
オンデマンドソフトウェアサービスのひと月のご利用料金の合計が、導入台数にかかわらず、30,001円以上の場合は、料金の割引制度が適用されます。
処理量が増えるほど適用される料率が低くなり、最終的に15万円がご請求金額の上限となります。

サービスの解約・利用停止については、担当支店・営業所にお問い合わせください。

[ HOME ]