HOME > JDL Webサービス > JDLオンデマンドソフトウェアサービス > ご利用方法

JDL オンデマンドソフトウェアサービス


サーバーメンテナンス情報


ご利用方法

JDL オンデマンドソフトウェアサービスの利用には、はじめに「利用登録」と、ソフトウェアのご利用時に「利用申請」が必要となります。

ご利用手順

サービスの利用登録
ご利用開始時に1度だけ、利用登録を行います。
コンピューターを複数台ご使用の場合でも、台数分を登録する必要はありません。
手続きは、JOB.7408「オンデマンドソフトウェア」、又は、未購入のサービス対象ソフトウェアを起動して行います。
↓
ソフトウェアの利用申請
どのソフトウェアについて運用を始めるかを申込む手続きまで、ソフトウェアごとに行います。
手続きは、JOB.7408「オンデマンドソフトウェア」、又は、未購入のサービス対象ソフトウェアを起動して行います。
↓
処理を開始
利用申請したソフトウェアを起動し顧客情報を登録すると、サービス利用中の顧客データとしてカウントされ、利用料金が発生します。
利用申請したソフトウェアは、「ソフトウェアダウンロードサービス」で常に最新バージョンのソフトウェアが提供されます。
試用期間について
最初に処理を行った顧客データに限り、利用開始日を含む3日間無償で試用することができます。ただし、試用期間中に2件目の処理を開始すると、その時点で試用期間は終了します。


ご利用状況の確認
ご利用状況は、JOB.7408「オンデマンドソフトウェア」で“会社別”あるいは“商品別”に表示を切り替えてご確認いただけます。

ご利用料金の確認
ご利用料金は、JDL user's roomでご確認いただけます。
JDL user's roomで表示される料金は“更新日時”時点の利用状況に基づいた料金を表示するため、実際の請求額と異なる場合がございます。予めご了承ください。

JDL user's roomログイン
JDL user's roomのご利用登録(無料)がお済で無いお客様は、こちらの「JDL user's room」の「初めてご利用の方」から登録を行ってください。 ご登録いただきますと、ログインに必要なパスワードが発行されます。

JDL user's roomについてはこちらの「JDL user's roomのご案内」をご覧ください。

サービスの解約・利用停止については、担当支店・営業所にお問い合わせください。

[ HOME ]