新卒採用トップ > 求める人物像 > 人事評価



JDLダイジェストムービー

人事評価

JDLの人事評価制度

社員の評価は、職種・役職・年齢(経験)により要求される能力・知識に応じて設定されている基準の達成度によって決定されます。
まず、社員は一年間の仕事を振り返り、自己評価を行います。そして、直属の上司が社員の実績を評価して人事考課を行い、さらに上長が人事考課を評価していくことで、適正で公正な人事評価を決定します。
会社の最終評価は直属の上司から社員にフィードバックされ、社員が納得できる透明性が高い制度であると同時に、社員の育成にも役立てています。
人事評価

自己評価と上司面談による評価制度

仕事の目標設定は、社員が上司と面談をする中で行います。そして、一年を経過する時に再び上司と面談を実施し、社員の自己評価と会社の最終評価をベースに仕事の達成度や難易度を面談で確認し合い、次年度の仕事の目標設定や能力開発などについて話し合います。

自己申告制度

仕事に対する適性や満足度、さらには異動に関する希望などを会社に伝え、会社は人事異動や職場環境の改善に反映させます。

優秀社員表彰制度

優秀な人材はJDLにとって最大の財産です。優秀社員表彰は、会社の業績に著しく貢献した社員に対してその功績と栄誉を讃える制度で、毎年わずか数名だけが受賞できる最上級のステータスです。
株式会社 日本デジタル研究所 © Japan Digital Laboratory