新卒採用トップ > 職種・仕事 > 生産技術



JDLダイジェストムービー

生産技術

自社工場の生産体制を立ち上げる重要部門

JDLの生産部門は、福島県郡山市にある郡山工場で生産管理から生産技術、製造、物流まで生産工程のすべてを統合的に行い、高品質・信頼性の製品を製造しています。そのなかで生産技術は、開発部門からの製品設計を基に工程設計、設備計画、治具設計等を行い、製造部門がスムーズに稼働できるように生産体制を立ち上げる重要な役割を担っています。
郡山工場

開発部門と製造部門を結びつけ、品質保証を追求する

生産技術は、開発部門の製品設計を基に量産試作機を製作して品質や生産性を検証し、改善事項を開発部門にフィードバックします。そして、開発部門や製造部門と互いに緊密な連携を取り、製造品質を極限まで設計品質に近づけて品質保証を追求します。このように、開発部門と製造部門の両部門を巻き込んで仕事をしていく面白さがあります。

現場主義による品質向上

JDLの生産技術では徹底した現場主義を貫いており、製造現場で培った経験やデータに裏打ちされたモノづくりのノウハウを強みとして、JDL製品のさらなる品質向上に貢献しています。

ものづくりへの興味と工夫を生み出す力が求められる

生産技術のエンジニアは、まずはモノづくりが好きな人、モノづくりに興味がある人であることが不可欠です。その上で、製造現場で得られる経験から品質や生産性の向上につなげる工夫を生み出す力が求められます。

生産技術のスペシャリストから製造部門全体を俯瞰する
エンジニアに成長

生産技術のキャリアは、まずは生産技術のスペシャリストとして専門性を深めてキャリアを形成していきます。さらに高いレベルの仕事をするためには、生産管理、購買、物流、製造など工場内のあらゆる部門に精通するゼネラリストになることが必要になります。そのために、様々な部門を経験できるOJTを実施し、生産部門全体を俯瞰する視点で生産システムを構築できるエンジニアに成長していきます。
生産技術の業務フロー
株式会社 日本デジタル研究所 © Japan Digital Laboratory