新卒採用トップ > 職種・仕事 > 営業・サービス部門 > 営業



JDLダイジェストムービー

営業・サービス部門 営業

お客様とお客様の経営ビジョンを共有し、 課題解決を実現するシステムを提案

JDLでは直販体制によりメーカーとエンドユーザーが直結しており、営業はお客様のビジネスパートナーとして事務所経営のビジョンを共有し、そのビジョンを実現するための課題を掘り起こして解決に必要なシステムを提案します。
営業

JDLが考える会計システムの未来像をお客様に伝え、市場に浸透させる

トータル・ソリューションプロバイダとしてJDLが会計システムをどのように発展させていくか、「会計事務所の未来像」をお客様に伝え、市場に浸透させます。また、製品に対する評価やニーズ、市場動向などを開発部門にフィードバックするマーケッターとしての役割も担っています。

営業

お客様のシステム活用状況を把握し、必要なサポートも手配する

営業は販売後もお客様とコミュニケーションを深め、お客様のシステム活用状況を把握します。そして、お客様にどのようなサポートが必要かを検討し、インストラクターやカストマエンジニアと連携してお客様をバックアップします。

ビジネスに必須のスキルを身に付けながら成長できる

現代のビジネスマンに必須のスキルといわれる「IT」と「会計」。JDLの営業担当は、両方の専門知識を磨くことができます。
会計事務所を営む税理士は、日本企業の大多数を占める中小企業の経営指南役として、日本の経済発展に不可欠な存在です。そのような方々と接する毎日は、知的好奇心を刺激し、大きな成長へとつながることでしょう。

行動力と創意工夫、コミュニケーション力が大切

JDLの営業には、お客様と積極的に接する行動力が一番大切です。そして、お客様と心をオープンにしてニーズを掘り起こすコミュニケーション力、問題解決策を作り出す分析力と論理的思考能力、お客様を納得させるプレゼンテーション力を磨いていきます。コンピューターや会計・税務実務の知識は入社後に身に付けることができますが、学生時代に簿記や情報処理の勉強をしていれば、大いに活かすことができます。
株式会社 日本デジタル研究所 © Japan Digital Laboratory