新卒採用トップ > 職種・仕事 > 営業・サービス部門 > インストラクター



JDLダイジェストムービー

営業・サービス部門 インストラクター

お客様を発展に導くシステム活用のエキスパート

インストラクターは、お客様がJDLのシステムを活用することによって、確実に業務効率化、生産性向上を成し遂げられるようサポートする役割を担っています。製販一貫体制のJDLにおいて、製品の付加価値と顧客満足を最終決定する重要な位置付けにあります。
インストラクター

自社製品からIT全般に及ぶ知識、会計・税務の概要まで、広範な専門知識を身につける

インストラクターは、業務、研修を通して自社製品からIT全般に及ぶコンピューター知識、会計・税務の概要まで、高度な専門知識を広範に身につけます。コンピューター業界は変化のスピードが速く税制改正も頻繁に行われるため、仕事をしながら新しい知識を身につけていく、粘り強く勉強する旺盛な知識欲と継続力が必要です。

お客様のスキルに応じて的確にサポートするコミュニケーション能力が求められる

インストラクターは、コンピューターに不慣れなお客様に対して操作説明をすることも多く、お客様の言葉から的確に状況を掴む理解力やお客様のスキルに応じて分かりやすく伝える説明力、お客様の声の調子から心情を感じ取る細やかさや心遣いなど、高いコミュニケーション能力が必要です。

「CAアドバイザー」へのステップアップ

インストラクターの第1ステップは講習会やセミナーの運営、日常のお問い合わせ対応を通して「オペレーション指導のエキスパート」を目指すことです。そして、十分なスキルを身に付けたインストラクターは「CAアドバイザー」へとステップアップし、JDLが提唱する『サイバー会計事務所』構想を推進する役割を担うことになります。

お客様と目標を共有し、一歩一歩前進する達成感

お客様を「サイバー化」に導くには、まず、お客様と一緒に現状の課題を分析し、将来の事務所発展に向けた目標を共有することが大切です。その上で、個々のお客様に最適な改善計画を提案し、これに沿った技術指導、進捗管理を行います。自らの創意工夫によってお客様の業務が一つひとつ改善される達成感とともに、お客様との絶大な信頼関係を実感できる仕事です。

インストラクターの業務 インストラクターの業務
株式会社 日本デジタル研究所 © Japan Digital Laboratory