新卒採用トップ > 職種・仕事 > 営業・サービス部門 > カストマエンジニア



JDLダイジェストムービー

カストマエンジニア

お客様に最良のシステム環境を提供して、JDL製品の信頼を支える

お客様がJDLの会計システムを常に最良のシステム環境で利用できるように、システム構築、点検、修理など、メーカーのエンジニアが直接サポートすることで、顧客満足の創出に大きく貢献しています。カストマエンジニアの技術力がJDL製品の信頼を支えており、サイバー会計事務所構想の実践に伴う技術課題を解決する重要な役割を担っています。
カストマエンジニア

技術と知識、そして経験を総動員して技術課題を解決する達成感とお客様からの感謝を実感できる

システム利用の現場で発生するトラブルは緊急度が高く、同じような現象に見えてもその原因は多様性に富み、常に自分自身の技術や知識、そして経験を総動員して技術課題を解決する達成感と、お客様から直接感謝の言葉をいただける実感があります。

お客様とのコミュニケーションを大切にし、お客様の声を社内にフィードバックする役割を担う

JDLのカストマエンジニアは作業内容についての説明や、システム活用のための技術サポートなど、お客様とのコミュニケーションを大切にしています。また、カストマエンジニアが現場で得たお客様の声や製品に対する評価は、即座に開発部門にフィードバックして、迅速な製品開発や情報共有に活用されています。

コンピューター技術への知的好奇心が高く、機械いじりが好きであることが求められる

入社後は、3ヶ月間の導入研修や配属先でのOJTでコンピューター技術を基礎から学び、カストマエンジニアとしての技術の土台を築きます。コンピューター技術は変化のスピードが速く、最新の専門知識や技術は集中研修でスキルアップしていきますが、確かな技術力を身につけるためには、コンピューター技術への知的好奇心が高いことや、機械いじりが好きであることが求められます。

SEアドバイザーへのステップアップ

高いスキルを身につけたカストマエンジニアは「SEアドバイザー」へとステップアップし、お客様毎に適したご利用環境を提供できるようシステムエンジニアとしての役割を担います。
SEアドバイザーは、お客様に対するヒアリングから、安全かつ安定した環境でJDLのシステムをご利用いただけるよう、そしてさらなる高度利用につながるよう課題や問題を把握し、ネットワークシステムや各種サービスの利用環境調査・導入・初期稼働までの提案と運用支援を行います。
自らの技術と創意工夫で、お客様とのゆるぎない信頼関係を実感できる仕事です。

カストマエンジニアの業務 カストマエンジニアの業務
株式会社 日本デジタル研究所 © Japan Digital Laboratory