HOME > JDL Webサービス > JDL ネット会計ストレージサービストップ > JDL IBEX組曲net SERVER SYSTEM ネット会計ストレージサービス > セキュリティ

JDL ネット会計ストレージサービス


今すぐ申込む

 

JDL IBEX組曲net SERVER SYSTEM ネット会計ストレージサービス

セキュリティ

不正アクセスの防止
データセンターへのアクセスには、パスワードのよるユーザー認証が行なわれます。そして、パスワードの入力とその後に行なわれるすべての通信は『SSL』により暗号化されます。
そのため、なりすましや、通信中のデータ漏洩や改竄といった不正アクセスを防止することができます。

SSL(Secure Socket Layer)とは
SSLは簡単に説明すると、データを暗号化してやり取りする業界標準プロトコルです。
SSLには、認証と暗号化の機能があり、データがインターネット上で第三者によるデータの盗用や改ざんを防ぎます。
SSLで保護されたページは、URLが【https://】から始まり、すべての通信が暗号化されて実行されます(下記マークとテキストが表示されます)。

SSL(Secure Socket Layer)

このページは、SSL(Secure SocketLayer)による暗号化と電子認証局によるサーバー認証により高い安全性を確保し、安心してインターネットをご利用いただける環境をご提供しております。
※注)接続環境によっては(プロキシ経由/ファイアウォール内からの接続など)、SSLによる通信ができないことがあります。その場合は、お使いのネットワークの管理者にご確認下さい。


複数サーバーによる多重化システム
データセンターでは、複数のサーバーが常時稼動し、同一データが分散して管理されています。万が一に備えシステムを多重化し、お客様の大切なデータを厳重に管理しています。


メールによる状況通知
データセンターの稼動状況についての案内は、電子メールやWeb掲示板で報告されますので、常にデータセンターを身近に感じながら、日々の運用を安心して行なうことができます。