HOME > ユースウェア > メンテナンスサービス

サイバー会計事務所構想


 
 メンテナンスサービス

⇒ ダイヤモンドメンテナンスサービスII(DMSII)
  ハードウェアの保守サービスに加え、標準搭載ソフトウェア、ご購入いただいたオプションソフトウェアのバージョンアップなどを月額固定料金でご提供するサポートプログラムです。
コンピューターを常に最新の状態に保ちながら、快適に業務を行うことができ、安心して実務に専念できます。

【契約内容】
(1)標準システムのバージョンアップ
(2)オプションソフトウェアのバージョンアップ
(3)リニューアルソフトウェアの提供
(4)JDLリモートメンテナンスサービスで予防保全対策
(5)故意や重過失でない火災や落下事故によるマシン破損の修理
(6)定期点検
(7)故障時の修理
(8)サプライ品の在庫チェック

(9)ソフトウェアのバージョンチェック
(10)講習会・セミナー等のご案内

ソフトウェアの提供時期は別途弊社で定めるものとします。
ソフトウェアのバージョンアップによるマシンパフォーマンスの低下を防ぐため、別途ハードウェアのアップグレードが必要な場合、そのハードウェアアップグレードは有償となります。
ソフトウェアのインストールサービスは別途有償とします。

プラチナサポート特約II
毎月固定の特約料金をお支払いいただくことで、導入から廃棄に至るまでの期間、本来有償で別途必要となるユースウェアサービスや講習会を無償でご利用いただくことができるサービスです。

◇ 対象ユースウェア ◇
基本料 増設加工作業 ネットワーク接続作業
FW サーバー接続作業 ルータ接続作業 ネット会計ストレージ設定作業
ウィルス対策設定作業 環境再構築作業 データ復元作業
データ移行作業    

◇ その他の特典 ◇
ICカードリーダライタの事前準備(受付システムへのアクセス→認証→各種初期登録)を含む取り付け作業
JDLネット会計ストレージサービス開始時のネット会計ストレージマネージャの提供とセンター登録費用無料
ウイルス感染の際の復旧作業
JDL法令・ビジネス文書ダウンロードサービス入会金無料
集合講習会
機種にかかわらず、年1回を目安に受講可能(5年間で5回を限度とします)

ダイヤモンドメンテナンスサービスIIに加えて、別途ご契約が必要となります。
他社製品や他社のアプリケーションのデータに対する作業および、顧問先で行う作業は、プラチナサポート特約IIの対象外となります。
プラチナサポート特約IIは、各種メンテナンス契約と同時に1年間を契約期間とし、以後1年毎に自動更新します。また各種メンテナンス契約の終了をもって、プラチナサポート特約も終了となります。
プラチナサポート特約II加入後、特約のみの解約はできません。

 サービスの提供について
製品や製品の購入時期により、サービス内容が異なる場合がございます。詳細につきましては、弊社支店・営業所にお問い合わせください。

●その他のメンテナンスサービス
⇒ フルサポートプログラムII  ⇒ 総合メンテナンスサービス  ⇒ 環境点検サービス

ページTOPへ ↑