証ひょうリーダー

原始証憑を読み取り、仕訳データに自動セット!
入力業務をトータルに効率化する「証ひょうリーダー」。

「証ひょうリーダー」は原始証憑から「日付」「金額」を読み取り、財務システムの仕訳データに自動でセット。AIを活用した入力支援機能により、大量のデータ入力もスピーディに処理。会計事務所や企業経理のデータ入力業務をトータルに効率化します。

  • 原始証憑をスキャナーで読み取りイメージデータ(eレシート)化。
  • 原始証憑から日付と金額を自動で読み取り、税率ごとに仕訳データにセット。
  • AIによる入力支援で、大量の原始証憑もよりスピーディに処理。
  • eレシートは仕訳データと関連付けて自動登録。
  • 顧問先や事業所に原始証憑の読み取りを依頼するなど、実情に即して柔軟に運用。

会計事務所/本社で原始証憑をまとめて読み取り

会計事務所/本社で原始証憑をまとめて読み取り

■eレシートを表示して参照入力

財務システムで仕訳データを入力する際には、eレシートを画面に表示し参照しながら処理が行えます。自動セットされた日付と金額はマーカー表示されますので、効率的に入力・確認作業を進めることができます。

■eレシートと仕訳データを関連付けて登録

入力した仕訳データは、eレシートと自動的に関連付けて登録されます。後日、原始証憑に遡って内容を確認したい場合も、瞬時にデータを検索し、レシート内容を参照することができます。

■入力支援機能でさらにスピーディ

●AIによる「科目推測」
レシート読み取りの際、以前読み取ったレシートとの同一性をシステムが自動解析。過去のパターンから科目を推測し、仕訳入力時に候補表示する先進のAI機能により、仕訳入力が一層スピーディに行えます。

●「科目」「部門」「摘要」の情報を予め指定
レシート読み取りに際し、予め「科目」「部門」「摘要」を指定することができます。指定した各項目の情報は仕訳入力時に自動でセットされますので、大幅な省力化を実現します。

※対応製品については、最寄りの弊社支店・営業所にお問合せください。

■eレシートをまとめて管理

eレシートは、「eレシート管理」機能でまとめて管理できます。表示するeレシートの絞り込みや検索のほか、読み取った日付・金額や科目などの確認・修正がまとめて行えます。

書類提出・保管もペーパーレス   特許取得

決算・申告書類をCDやDVDメディアに登録した「電子帳表ディスク」により、顧問先などへの書類提出や書類保管をペーパーレス化。eレシートと仕訳データもセットで登録でき、レシート内容の確認や検索も瞬時に行え、データの活用性が大幅にUPします。

※ご利用には、「電子帳表ディスク作成」およびDVDドライブなどの機器が必要となります。

取引の発生現場で原始証憑を読み取り

【例1】顧問先/事業所でeレシート化
取引の発生現場である顧問先/事業所に原始証憑のeレシート 化を依頼。簡単・安全に運用できるJDL独自開発の送受信ツール を通じて会計事務所/本社にeレシートを送信してもらうことで、 原本を受け渡す双方の手間やリスクもなく、eレシートのデータ を取り込み入力業務を省力化することができます。

※ご利用には、顧問先/事業所に所定のスキャナーやソフトウェアが必要となります。

【例2】会計事務所職員が顧問先訪問時にeレシート化
会計事務所職員が顧問先訪問時にNOTE、タブレット、ハンディスキャナーを持参。その場で原始証憑を読み取りeレシート化して、事務所にすぐに送信できます。原本を持ち出すリスクもなく、また従来の記帳代行のスタイルを変えることなく、処理を効率化することができます。

※ご利用には、所定のハンディスキャナーやソフトウェアが必要となります。

取引の発生現場で原始証憑を読み取り


スマホやタブレットで手軽にeレシート化

スマートフォン・タブレット等の内蔵カメラで撮影してeレシート化することもできます。処理する枚数が少ない場合には、より手軽にeレシート化、会計事務所や本社への送信が行えます。

※日付・金額の読み取り、科目推測機能には対応しておりません。

取引の発生現場で原始証憑を読み取り

イメージスキャナーの便利な活用

預金通帳・カード明細を読み取りデータ化

JDLのイメージスキャナーは、レシートや領収証に加え、銀行の預金通帳(コピー)やクレジットカードの明細書も読み取り、データへ変換。そのまま財務システムに取り込むことができ、入力業務の一層の省力化を図ることができます。

※ご利用には、別途、「通帳読取(ソフトウェア)」が必要となります。

※JDL IR60FBでは、預金通帳の原本を直接読み取ることができます。

書類を電子化して保管・活用

銀行や保険関係を始め、定款や役員名簿など、会計事務所で控えを保管している顧問先の書類を電子化(eエビデンス化)。書類保管の省スペース化が図れる上、仕訳データとの関連付けや条件検索が行えるなど、書類の活用性も向上します。

※ご利用には、別途、「eエビデンス管理システム」が必要となります。

「スキャナ保存制度」に対応

JDLのシステムは、電子帳簿保存法における書類のスキャナ保存の要件に準拠。eレシートにはタイムスタンプを付与することができ、規定に則ってレシートなどの画像データを保存することができます。また、eレシートは仕訳に関連づけされ、記録された「日付」「金額」「取引先」などを条件に瞬時に検索することができますので、定期的なチェックを行う際も便利に活用いただけます。

※ご利用には、所定のシステムおよび機器(スキャナー)が必要となります。

JDLイメージスキャナーラインナップ

様々な形状の原始証憑をフラットベッドで一度に読み取り「JDL IR60FB」

特殊形状の原始証憑や、すでに台紙に貼りつけてある原始証憑は、フラットベッドスキャナー「JDL IR60FB」で読み取ることでeレシート化することができます。フラットベッドでは複数の原始証憑を並べて一度に読み取ることができ、手動で簡単に一枚ずつ切り出してeレシート化することができます。また、付属のシートを使用すれば、原始証憑の領域を自動で一枚ずつ切り出してeレシート化することもできます。

JDL IR60FB

JDL IR60FB

大量の原始証憑もスピーディに読み取る
デスクトップスキャナー

JDL IR60FB

JDL IR60

コンパクトで持ち運びに便利な
ハンディスキャナー

WI-FIハンディスキャナー

JDL IR60