入力業務を大幅に削減「Entry Innovation®

顧問先との連携で実務をトータルに効率化

記帳代行、記帳・自計化など顧問先に応じたソリューションとJDL財務システムにより、会計事務所の入力業務を大幅に削減。
顧問先のデータを簡単・安全に取込み、直ちに監査・帳表作成が行えると共に、会計事務所に持ち込まれる領収書等の処理も、電子化とAI活用により省力化します。


入力業務を大幅に削減

顧問先のデータの取り込みも簡単!

  • 1他社会計ソフトを利用する顧問先

    他社の会計ソフトを利用する顧問先のデータは、会計事務所の財務システムに手間なくスムーズに取り込み、直ちに監査・財務帳表作成に取り掛かれますので、入力業務を大幅に削減することができます。

  • 2記帳できる顧問先/自計化できる顧問先

    記帳できる顧問先/自計化できる顧問先とのデータのやり取りは、伝票発生から記帳、会計までの一連の処理を顧問先と連携して行え、顧問先はタイムリーに経営状況が把握でき、双方に大きなメリットをもたらします。

  • 3記帳を会計事務所に委託する顧問先

    記帳を会計事務所に委託する顧問先には、レシート・領収証などの原始証憑をスキャナーで読み取りイメージ化した「eレシート」の活用を指導。
    一旦eレシート化すれば、インターネットを通じて会計事務所に提出できる上、整理保管の手間も不要です。

  • 無償ソフトにより
    PC記帳・自計化を推進

    記帳・自計化できる顧問先には、顧問先へ無償で提供できるJDLの記帳・会計ソフトを活用して経理指導。
    会計事務所主導で記帳・自計化をスムーズに進めることができます。


  • 銀行・クレジットカード明細の取込、
    預金通帳の読取で入力不要特許取得

    JDL IBEX BookKeeperは、記帳は行わず、銀行明細データやレシート・預金通帳などのイメージデータをそのまま会計事務所へ送って記帳処理を委託する運用も行えます。
    会計事務所では、Web POSTBOXを通じて、データをシステムに取り込むことができます。

    ※通帳読取のご利用には、所定のスキャナーが必要となります。

顧問先からのデータの受け取り・返却もスムーズ!

  • 各社会計ソフトのデータを一律に受領

    「Web POSTBOX®

    「Web POSTBOX」により、顧問先とインターネットを通じて簡単かつ安全にデータ・帳表等の受け渡しが行えます。
    そして会計事務所では、Web POSTBOXに一律に届く顧問先の会計データを財務システムへ取り込み、直ちに監査・財務帳表作成に取り掛かることができます。

    ※ご利用には、所定のWebサービスのご契約が必要となります。

  • 顧問先データの受取、チェック、取込がスムーズ

    「アテンション・スクエア

    顧問先からデータが届くと、その旨を通知。直ちに関連ソフトを起動し、データチェックなどの処理が行えます。
    会計・税務に関わらず各ソフトで統一した操作性により、データの受取から取込までスムーズに行えます。


    「アテンション・スクエア」 通知画面

    ▲「アテンション・スクエア」 通知画面

会計事務所の業務も効率化!

  • プロの実務で培ったノウハウと実績

    「JDL財務システム」

    半世紀に亘り会計事務所の実務で培ったノウハウを凝縮したJDLの財務システムは、直感的に操作できる画面設計やきめ細かなガイダンスなどにより、やさしくスピーディなデータ処理を実現します。

  • eレシートでデータ入力を省力化特許取得

    原始証憑をスキャナーで読み取るeレシート化により、記帳代行の処理は一層効率化できます。
    日付・金額の自動読取や、以前読み取ったレシートのパターン解析から科目を推測し候補表示するAI機能など、多彩な入力サポート機能により、データ入力を省力化。併せてレシート原本の整理、台紙への貼付といった付帯業務も簡素化します。

    ※ご利用には、所定のスキャナーが必要となります。

  • 銀行・クレジットカード明細の取込
    預金通帳の読取で入力不要特許取得

    Web POSTBOXを通じて、銀行明細やクレジットカード明細のデータをシステムに取り込むことができます。
    また、預金通帳のコピーやクレジットカード明細書もスキャナーで読み取りシステムに取り込むことで、仕訳データの入力を大幅に省力化することができます。

    ※通帳読取のご利用には、所定のスキャナーが必要となります。

  • AIでスピーディに摘要入力

    JDL財務システムは、入力済みの仕訳を自動学習し、適切な摘要語句を表示するAI機能を搭載。
    入力スピードが格段に向上します。

  • Face to Face のコミュニケーションを実現

    「JDLネットブリーフィングシステム

    会計事務所と顧問先がインターネットを通じて同じ画面を参照しながら、テレビ電話のようにコミュニケーションを図ることができます。
    提出した財務帳表の説明や経営指導なども、事務所に居ながらにして、あたかも顧問先を訪問しているかのように行えます。

  • 顧問先情報を統合管理

    「顧問先Panel

    顧問先の基本情報を始め、月次単位での業務予定・スケジュール、問い合わせや連絡の履歴などを一括管理。各顧問先の情報を統合管理することで、顧問先対応の迅速化、きめ細かなコミュニケーションを実現します。
    また、顧問先Panelのデータを利用し、税理士業務処理簿も簡単に作成できます。

    ※別途、harmonyroom PWF2が必要となります。