サポート&サービス > バージョンアップ情報 > 「JDL IBEX会計」バージョンアッププログラムのご提供について(2019/04)

 
  バージョンアップ情報

「JDL IBEX会計」バージョンアッププログラムのご提供について
5/15情報追加

■対象のお客様
  「JDL IBEX会計」Ver.20.0をご利用のお客様
  バージョンは、JDL IBEX会計のメニューから「サポート」−「バージョン情報」で、ご確認頂けます。

■不具合内容
  ▼5月15日追加
  1. 文字フォントサイズの切り替え機能(画面右下の[+][−]ボタン)が表示されませんでした。
  2. 顧問会計事務所から受信した会計ファイルを取り込むと、読取り専用で起動される場合がありました。
重要:インストール後の処理について
バージョンアッププログラムをインストールしても、「仕訳データ入力」の中断情報は解除されません。
「仕訳入力が正常終了していません、正しく終了させてください」とのエラー表示がされた場合は、 Ctrl+DEL キーを押して強制解除してください。その後、メニューのバージョン情報画面を表示し、使用中解除を行ってください。
  ▼5月7日追加
  1. 会計事務所や本店とのデータ連携をされているお客様の一部で、データの送受信ができない場合がありました。
  ▼4月25日追加
  1. 一部のお客様で、ソフトウェアを起動した際に、以下の現象が発生しました。
    メニューから各機能を選択(メニュークリック)しても機能が実行できません。
    メニューで実行可能な機能がグレーアウトして押せません。
    メニューのアイコンが真っ白になり、画面が進みません。
  ▼4月24日掲載
  1. 「サポートのご案内」を表示後[操作画面に進む]を押すと“エラーを特定できません[OK]”と表示されてシステムが起動できない場合がありました。
  2. [入力]−[仕訳データ入力]で入力中にエラー終了することがあります。
以下のオペレーションなどで、科目欄にカーソルを移動したタイミングでエラー終了することがあります。
    指示=「追加」「訂正」の日付入力からTABで科目欄に移動
    指示=「表示」等のデータ指定で、科目欄にカーソルを移動
    指示=「元帳」表示で、日付・科目等の指定画面で、科目欄にカーソルを移動
    指示=「補助登録」で、追加で科目欄にカーソルを移動
  3. [入力]−[仕訳データ入力]の「追加」で取引日より前の手形期日が入力できません。
  4. 帳表の印刷を実行する指示画面で、ボタンの一部が欠けたり、ディスプレイ表示エリアに収まり切らないなど画面表示が崩れる場合がありました。

※ 「インストールできません VC++2017 再頒布可能パッケージがインストールできません」とメッセージが表示され、インストールが中断する場合の対処方法は、以下のQAをご確認ください。

≫ Q&A「インストールできません VC++2017 再頒布可能パッケージがインストールできません」とメッセージが表示されてインストールが中断してしまう


■発生条件
  ▼5月15日追加
  1. 無条件で発生します。
  2. 顧問会計事務所から電子申告済みの会計ファイルを受信した場合に、現象が発生することがあります。
  ▼5月7日追加
  1. 32bitのWindows OSのPCで、特定の通信プロトコルで送受信をされているお客様でのみ、現象が発生します。
  ▼4月25日追加
  1. プログラムの起動に必要なモジュールが、正常にインストールされない場合に現象が発生します。
  ▼4月24日掲載
  1. 会計事務所より送られてきた顧問先導入ファイルを使って導入処理を行っていると現象が発生する場合があります。
  2. 「仕訳データ入力」の「仕訳データ入力の環境設定」−コンピューターの設定で「科目・補助の入力でカナ検索機能を使用する」と設定していて、「科目情報のカナ文字に不正なコードがセットされているデータ」を処理している場合に発生します。
  3. 「基礎情報」の「入力形態設定」で「資金繰処理」が「する」の会計ファイルを処理している場合に発生します。
  4. Windowsのディスプレイ設定でスケーリングを150%以上に設定した場合や、”JDL環境設定の表示文字サイズ”、”ディスプレイ解像度”の組み合わせにより発生します。

■対処方法
  バージョンアッププログラムを適用してください。

■バージョンアッププログラムの提供バージョン
  「JDL IBEX会計」Ver.20.1

■バージョンアッププログラム提供開始日
  2019年5月15日(水)

■ダウンロード・インストール方法
下記「プログラムダウンロード(ログイン)」より、バージョンアッププログラムをダウンロードしてください。なお、ダウンロード可能なプログラムは、購入済みの製品のうち、バージョン不具合等のバージョンアップが反映されたバージョンまでになります。

≫プログラムダウンロード(ログイン)

【ダウンロード方法】
1. 「プログラムダウンロード(ログイン)」ボタンをクリック後、「お客様コード」「パスワード」を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。
2. ダウンロードする製品・バージョンをご確認のうえ、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。
3. ダウンロードページが表示されましたら、製品・バージョンをご確認のうえ、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。なお、バージョンアップ内容は、「システムの変更内容」、プログラムのダウンロード・インストール手順は、「ダウンロード・インストール方法」をご確認ください。
※オフライン環境など、別のPCにインストールする場合は、USBなどに保存することができます。


バージョンアップ情報へ戻る