インターネットを通じてリーズナブルにソフトウェアを活用!
JDL オンデマンドソフトウェアサービスは、財務システムと連携する豊富なソフトウェアを、インターネットを通じて、顧客先単位の利用料金で、必要な時から直ぐにお使いいただける、JDL STATION Vシリーズ専用の新しいWebサービスです。

定評あるJDLのソフトウェアが、いつでもご利用いただけますので、消費税や法人税、勘定科目内訳書など、会計事務所において必須となるソフトウェアを、買い揃える必要がありません。また、常に最新バージョンのソフトウェアをご利用いただけますので、バージョンアップを気にする必要がありません。

※ 「JDL 法令・ビジネス文書ダウンロードサービス」のご利用は、JDLの製品をお使いで、JDLの営業所(JDL IBEXプラザを除く)にご登録されているお客様に限らせていただきます。

サービス特長

インターネットを通じてリーズナブルにソフトウェアを活用
「JDLオンデマンドソフトウェアサービス」は、財務システムと連携する豊富なソフトウェアを、インターネットを通じて、顧問先単位の利用料金で、必要な時から直ぐにお使いいただける全く新しいWebサービスです。
例えば、法人税なら顧問先1件につき月額380円というリーズナブルな料金でご利用いただけます。
プロの実務に応えるソフトウェアラインナップ
定評あるJDLのソフトウェアラインナップにより、会計処理から税務・電子申告まで会計事務所の実務に的確に対応します。

■JDLオンデマンドソフトウェアサービス対象ソフトウェア
・部門管理
・損益予算管理
・建設業損益予算管理
・工事別原価管理
・キャッシュ・フロー計算書
・税効果会計シミュレーション
・インデックス作成
・電子帳表ディスク作成
・給与計算
・社会保険算定
・年末調整
・法人税申告書
・勘定科目内訳書
・消費税申告書
・事業概況説明書
・減価償却
・法人申告統合システム
・法人申告チェックリスト
・資料せん作成
・法定調書
・所得税確定申告
・青色申告決算書・収支内訳書
・財産評価
・相続税申告書
・贈与税申告書
・相続対策シミュレーション
・相続税納付計画
・TAXシミュレーション
・税務代理書面
・JDL電子申告システム
ソフトウェアが必要になった時に、即日ご利用になれます。
ソフトウェアが必要になった時にお申込みいただけば、即日ご利用いただけますので、顧問先からの急な案件への対応も万全です。
JDLオンデマンドソフトウェアサービスイメージ
▲JDLオンデマンドソフトウェアサービスイメージ
常に最新バージョンのソフトウェアをご利用いただけます。
常に最新の税制に対応したソフトウェアをご利用いただけますので、バージョンアップに伴う手間や費用が発生しません。
3日間、無料で試用ができます。
ソフトウェアを初めてお使いいただくときには、利用開始日を含む3日間を試用期間として無償でお使いいただくことができます。

※試用は1件目の顧問先の処理に適応されます。2件目の処理を開始すると、その時点で試用期間は終了となります。

中・大規模事務所でも安心してご利用いただける割引制度!
オンデマンドソフトウェアのひと月のご利用料金の合計が、30,001円以上の場合は、料金の割引制度が適用されます。
処理量が増えるほど適用される料率が低くなり、最終的には15万円を上限として定額料金となりますので、中・大規模事務所でも安心してご利用いただけます。
複数台の処理でも費用は変わりません。
JDL オンデマンドソフトウェアサービスは、顧問先単位の利用料金のため、複数台で処理をしても、サービスのご利用料金は変わりません。

ご利用料金

ソフトウェアの月額利用料金について
月額利用料金は各ソフトウェアごとに異なり、法人税申告書システムであれば380円となります。
月額利用料金はソフトウェアに対する料金ではなく、ご利用件数単位の料金となります。
各ソフトウェアの月額利用料金は、弊社支店・担当営業所にお問合せください。
ご利用件数について
ご利用件数は、顧客データ単位でカウントしますので、同一顧客のデータが複数年ある場合は、まとめて1件として扱います。
 
法人税申告書:A社(平成20年) ご利用件数1件として扱います。
法人税申告書:A社(平成19年)
法人税申告書:A社(平成18年)
ご利用件数は、ソフトウェア毎にカウントします。同じ顧問先であっても、ソフトウェアが異なればそれぞれ1件として扱います。
 
法人税申告書:A社(平成20年) 3つのソフトウェアについて、
それぞれご利用件数1件として扱います。
減価償却:A社(平成20年)
消費税申告書:A社(平成20年)
1年間の契約期間が経過し、利用を停止した顧問先ついては、ご利用件数にカウントしません。
契約期間について
ソフトウエアの利用申請後に、顧客データの処理を開始した日から1年間が契約期間になります。
1年間の契約期間が終了すると、一旦課金を停止します。
処理を再開すると、自動的に契約が更新され、その日から1年間が契約期間になります。
契約期間の詳細につきましては、こちらの「契約期間に関する詳細説明」をご覧ください。
法人申告統合システム、電子帳表ディスク作成、インデックス作成の契約更新は、他のソフトウェアと異なります。詳しくは、こちらの「利用規約」をご覧ください。

ご利用料金について
ご利用料金は、月末時点において契約期間内のご利用件数にソフトウェアごとの月額利用料金を乗じて計算します。
月の途中から利用を開始したソフトウェアは、その月のご利用件数にカウントされます。
月の途中で契約期間が終了する場合は、その月のご利用件数にはカウントされません。
なお、ご利用料金は、こちらの「JDL user's room」でご確認いただけます。
有償ソフト固定料金プランについて
主要な17種類のソフトウェアの最新バージョンを、処理件数、処理回数に関係なく 月々わずか2万円で利用できるお得なご利用プランです。
>>詳しくはこちらの「有償ソフト固定料金プランのご案内」をご覧ください。
割引制度について
オンデマンドソフトウェアサービスのひと月のご利用料金の合計が、導入台数にかかわらず、30,001円以上の場合は、料金の割引制度が適用されます。
処理量が増えるほど適用される料率が低くなり、最終的に15万円がご請求金額の上限となります。

対象機種

対象製品 JDL STATION V5、JDL NOTE V5、
JDL STATION V4、JDL NOTE V4
ネットワーク環境 1Mbps以上のADSL回線(光回線推奨)
その他 JDL user's room の利用登録
ご利用登録(無料)がお済で無いお客様は、こちらの「JDL user's room」の「初めてご利用の方」から登録を行ってください。
サービス提供期間 対象製品の納品日から5年間。
5年経過後は、サービスをご利用いただくことはできません。

※ JDLオンデマンドソフトウェアサービスでお申込みいただいたソフトウェアは、インターネットが一時的に利用できない場合でもご利用いただけます。ただし、接続できない状況が長期に及ぶと、利用件数の確認や最新のソフトウェアが提供できなくなりますので、接続できない状態が3日間続いた場合は、4日目に利用ができなくなります。