HOME > JDL Webサービス > JDL リモートメンテナンス > 対応実例

JDL リモートメンテナンス


サーバーメンテナンス情報

 
対応実例


これまでにJDL リモートメンテナンスが対応した事例をご紹介いたします。


 自動ログ送信
JDL リモートメンテナンスサービスセンターに送られたログの解析により、ハードディスクが不調を起こす兆候を発見し、ハードディスクの予防交換を行うことで、数多くのコンピューターにおいてトラブルを未然に防いでいます。


 トラブル発生時のログ調査
1. harmony roomの不調に対し調査を行い、harmony roomのデーターベースの破損を確認し対応を行いました。
2. 自動に電源がONになるトラブルに対しログ調査を行い、SMSの動作を確認し対応を行いました。
3. ネットワークトラブルに対しログ調査の結果、サーバーのハートビート停止による起動不良を確認し、対応を行いました。
4. アラーム音が発生するトラブルに対しログ調査の結果、瞬間的な出力電圧の低下によるUPSのブザー音であることが判明し対応を行いました。
5. ネットワーク上からコンピューターが見えなくなるトラブルに対しログ調査を行い、ハートビート停止状態になっていることを確認し、対応を行いました。
6. JDLアップデート中に「データーバックアップ処理中」となり、インストール出来ない現象に対してログ調査を行い対応いたしました。
7. マシンがロックし動作しなくなる現象に対し調査を行なった結果、ビデオカードのドライバーバージョンに動作不安定があることが判明し、対応を行いました。
8. J-LANの不調に対しログ調査を行った結果、プログラムの動作不安定を発見し対応を行いました。
9. AC電源の異常が度々発生していた為、ログ調査を行った結果、AC電源の問題が判明し対応を行いました。
10. JOB9003「メディア管理(検査・修復)」を実行後、エラー終了するトラブルに対して、ログ調査を行った結果、ハードディスク不良が判明した為、交換を行いました。
11. SMSパネルに「サービス異常 ウイルス検索 サービスマンコール」と表示され、インターネットが接続不能となる現象に対してログ解析をした結果、ウィルスチェックLinuxゲートウェイのトライアル期限が切れたことにより、ウイルス検索サービスが停止していた事が判明しました。
12.

インターネット接続不調が発生しており、ファイアウォールサーバーのログ調査を行った結果、ファイアウォールサーバーのLANカード不良を確認し、対応を行いました。

13. LAN上のWSの起動時に、「サーバー見つかりません」とメッセージが表示されていた為、ログ調査を行った結果、JDL-LANの動作不安定が判明し対応を行いました。
14. インターネット接続不良のトラブルに対しファイアウォールサーバーのログ調査を行い、ルーターとファイアウォールサーバー間のリンクの切断を確認し、対応を行いました。


 センター接続による対応状況
1. JDLネット会計ストレージサービスが正常に動作しないトラブルに対し、センター接続によりログを収集し、対応を行いトラブルを解決しました。
2. ACCOUNTING OCRが接続できないトラブルに対し、センター接続により調査・修正を行ないました。
3. インターネット使用時、名前の解決が出来ない現象に対して、センター接続によりファイアウォールサーバーの設定を修正し、トラブルを解決しました。
4. J-LAN 接続中、ネットワークが切断されてしまう現象に対し、センター接続によりルーターのコンフィグログを回収し、トラブルを解決しました。
5. ネットワーク会計のトラブル解析のため、センター接続によりルーターのログを回収し解析した結果、ウイルス感染の恐れがあることを発見し、担当営業所にてウイルスへの対応を行いました。
6. JDLネット会計ストレージサービスのトラブル解析のため、センター接続によりログを回収し解析した結果、ADSL回線不良を発見し対応を行いました。


▲TOP

[ HOME ]